読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

モザイク無しの関係

病気

この界隈の人は

それをラポールと言う

 

平たく言うと、シンライカンケー

 

とりあえず長くなるから、

ラポール築くに至ったところまで書くわ

 

もともと

我が敬愛する眼鏡センセー のことは

見当違いの若造だと思ってた

コイツにはジブンの治療はムリだ的な

 

だって

茹で玉子、一日3つ食えとか

午前中、日光を浴びろ、散歩しろとか

漢方いくつも処方したり

出された抗うつ剤も副作用ばっかだし

 

まぁ最初の診断名的には、この処方でもムリないか....

 

ジブンはジブンで

大学時代からずっと

望んだワケでもないのに

イレギュラーな生き方しかできなくてさ

なんか漫然と変だな、生きにくいなって

思ってたのさ

 

 なのに精神科にかかったコトなくて....

 

だって

敷居、高いじゃん、敷居!

予約、取れないじゃん、予約!

まだ平気、そう思うじゃん、気持ち!

 

だけど、必ず堕ちる時がくるからね

それで本厄のタイミングで堕ちて

仕事に行けなくなった

本厄、SUGEEEE!!!

 

そんで、めでたく精神科への初陣を果たしたワケです

 

 初診は1時間だったけど

ジブン史の重要な部分は何一つ話さなかったな

こっからもう終わってるんだけども

 

だって

 仕事に行けなくなったっていうピンポイントな話をすれば良いと思ったから

 

あ、モニターの前の皆さんは

たどたどしく話すだけで大丈夫なんだよ、全然

だから行こーね、病院(汗)

 

R-健常者の場合は

躁鬱エピソードがあり過ぎたし

眼鏡センセーも鬱的なエピソードは引き出そうとするけど

まさか目の前のコイツが人間の姿をしたビーストだとは思ってないワケよ

 

だから診断名、適応障害になった(爆)

 

適応障害は何も治療をしなくても

ストレス源から離れれば半年もすれば完治するって言われてます

 

なのに待てど暮らせど良くならない

出された薬も副作用を理由に飲みもしない

 

一旦、処方を諦める眼鏡センセー(笑)

「じゃあ、薬はなるべく使わない感じでいきましょう」と

 

-初陣から5ヵ月が経過した頃-

 

堕ちきってなかったらしく
ズドンと鬱の底まで引き摺り込まれたR-健常者

 

痺れを切らす眼鏡センセー

ついに、伝家の宝刀 三環系抗うつ剤 ノリトレンを処方

そして決め台詞

適応障害は何にもしなくても半年すれば治るんですよっ!」

 

ここで転機が訪れます

休職中の職場から産業医面談の連絡

 

嫌々行ってみると重厚感のあるベテラン先生

全ての言葉にサスペンションが効いていて

それでいてスッと体に溶け込んでゆく

まるで小粋なジャズの流れる喫茶店で

上等なソファに埋まりながら口溶けの良いチョコレートでもつまんでいる様だ

 

あぁ、こんな主治医だったら違ってたかなぁ....なんて余韻に浸っているのも束の間、

眼鏡センセーと言ってること同じじゃん!

 

おい、眼鏡センセー、言い方!

教科書棒読みみたいな、その言い方!

損してますよー、その言い方!

 

これがキッカケとなり

眼鏡センセーもちゃんとした医者(笑)ということを確認できたR-健常者は

カラダではなくちゃんとココロを許すことにしたのです 

 

 

 

 

但し、この話には後日談があって

 

躁鬱病に三環系なんてもっての外なんスよ

ノリトレンが原因かどうかは未だ不明だけど

この後、良くも悪くも躁転しました

 

じゃー、どんな風にココロを許しはじめたのかとか

躁転してどーなったなんて話はまた今度

 

 

いったん、めでたし めでたし

おしまい

 

続きはコチラ

r-kenjohsha.hatenablog.com