読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

リーマス 100mgの違い その2

クスリ

リーマス 600mgで血中濃度 0.81だったワケです

 

でも躁が出やすいR-健常者はふわりふわりと綿毛が舞うように、なかなか着地できずにいたのです

 

だから、100mg増量

 

600mgまでは副作用は一切なかった

眠くもないし、口の渇きもないし、なんもない

あ、でも、入浴中だけ振戦がある

たぶん、カラダの水分が奪われるからだろうね

 

だけど700mgにしたトタン変わったね

 

まず寝れる

夜中や早朝に覚醒するのが減りました!

今では5〜6時頃に一回、眼が覚めるだけ

寝つきが悪い時はあるけどね

 

それと着地できそう

ダラダラと続く軽躁なジブンとお別れできるかも

今、イメージ的には綿毛が

コンクリすれすれで気流に揉まれて地面にカスったり瞬間的に舞ったりを繰り返してる感じ 

 

これねー、ホント大きいのよ

たかが軽躁されど軽躁

混合状態※1 にもなるし、幻聴妄想もお出ましいただいちゃうと体力と精神力がまぁすり減る

 

それがマイルドになったことは大きい

 

そして、逮捕される危険性がないなんてサイコー!!!

 

だけど良いこともあれば悪いこともあるのが世の掟

 

だぶん、こっからは副作用だー

 

まず朝、ダルい

なんかアンニュイになっちゃったりしてる

ため息がでるみたいな

でもこれは着地と表裏一体だから甘んじて受け入れてる

 

それと、顔に吹出物?ニキビ?が少々

ちょんちょんって出来てるだけだし、

意外とすぐ治るしほとんど気にしてない

 

副作用はこんなもんかな、意外と少ない

振戦も増えてないし

 

つーか、100mgの差ってすごいよね

こんなに違うんだね

それにR-ken(R-健常者って綴るのが面倒な時こう記す)はそもそも治療域だったワケよ、血中濃度

ホント、繊細だわ、カラダも、用量も

 

上手いセンセーって、この辺りの調整もイイ塩梅でやってくれるのかな

 

このままじっくりと薬漬けにされて、

浸透圧でこれまでのヘドや雑味が抜けていったらいいのに

 

※1混合状態とは

躁と鬱の攻防戦のことである

機嫌良く布団にくるまり引き篭もる、気乗りしないのに動き回るなどチグハグな状態