読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

劣等生は優等生

プツン....

糸が切れたように

 

カチッ....

スイッチを切り替えるように

我々は変わってしまう

 

ジブンは成績のいいコだった

いつも先生に褒められて区賞を獲ったり

 

勉強は好きだったし

本を読むのも好き

 

しかし

大学に進学して状況は一変する

 

集中力が続かない

だから本も読めない

 

大学のテキストは

大概、教授の分厚い著書だったりする

 

本を読めないのは致命的だった

 

教室に座ってはみるものの

講義が頭に入ってこない

 

心ここに在らず

 

考えるのは

どうやってジブンを魅力的に見せるのかと

今夜の相手をどーするかだけ

 

夜遊びが過ぎた日は

講義中にヨダレ垂らしながら寝てた

 

こんなんじゃ単位なんて取れない

当たり前だけど

 

入学早々、躁のお見舞いを受けたワケ

 

だけどほっといても躁は終わる

2年になる頃には過ぎ去ってた

 

ウチの大学は3年までは留年とかナイ

1、2年の間にコレくらい単位を取りましょうとか

4年間でコレだけ取りましょうとかなの

そんで卒業の段になって

単位が足りないと初めて留年になる

 

だからジブンも2年生になれた

 

2年は怒涛の1年間だった

何故なら1年生の分の単位と2年生の分の単位を取らなきゃならない

 

フツー、大学生なんて

必修と選択科目合わせても

日に2〜3コマしか講義はナイ

 

ジブンは5〜6コマ、プラス1年生の分の補講

1限から7限までぶっ通しなんてザラだったな(。・ω・。)

90分授業キツいッス....

 

ジブンらの時は

就職活動は3年生の半ばから始まって

4年生は講義なんで1つもナイ時代だったから

 

4年制の大学なのに

ジブン1人だけ短大のカリキュラムをこなしてるみたいになった(爆)

 

だけど、

正気の賜物でキチンと単位は取れた

 

しかも、ほとんどがA評定

 

裏口入学のジブンは頭がバカなんで

仮に躁が来なかったとしても

単位は落とさないまでも

1年の時の講義はよく分からなかったんだろうなって今となっては思う

 

1年生の時に1年生でやるコトをやって

2年生になれば2年生でやるべきコトをやれる

そんな同級生達を心から凄いと尊敬する

 

ジブンの場合は

挽回したってよりも

尻拭いしたってコトバが

シックリくるけど....

 

それでも

大変なんだけども

卒業はできた

 

ジブンの学科はラッキーで

ゼミに入らなくても必要な単位は満たせたから

 

つまり

ゼミに入らない=卒論を書かなくて良いってコト

 

大学生として経験すべき苦労をせずに

本来ならしなくていい苦労をしながらの卒業だった

 

ゼミに入らずに卒業したコトは後悔してる

同じモノゴトに興味を持つ仲間ができたろうし

もっと大学生らしいコトがしたかった

 

第一、

卒論書いてないなんてチャランポランにも程がある

 

文字通り、ジブンはただ大学に通っただけなのである

 

まぁ、卒論仕上げながらの就職活動なんて

不器用なジブンにはムリだったけど....

 

双極性障害のジブンらは

当たり前のコトが当たり前にはできなくて

 

でも

遠回りでもいいんだったらできたりして

 

決してそれは

成り下がったワケじゃない

 

それと

躁が過ぎ去った後

絶望しようがヤサグレようが

それは本人の自由だけど

案外、ケツはいつでも拭えたりする

 

 

だから

待っててほしい

どんな時も

 

愛想を尽かすまでは....