読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

優しさって何だ?

時としてヒトは自分を肯定しきれない....

なんだか、そー思う

ホントは肯定したっていい時にでもだ

 

双極性障害を患うと気分の波によりヒトが変わったようになるコトがある

 

これは患者としては当然のコトなんだけれども

周りはモチロン、意外と本人も戸惑っていたりする

 

気分が高揚するというコトは

ただテンションが上がるだけではない

 

物事の見え方・捉え方が変わってしまう

今まで楽しかったモノがマドロッコシく感じたり

もっと別のコトにココロ奪われたりする

 

人間関係も然りだ

今までの接し方ができなくなるコトがあるし

そもそも人間関係が築けなくなるコトも多々ある

 

これは躁でなくて鬱でも同様のコトが言えるってのは

みなさんもお分かりでしょう

 

躁であれ鬱であれフツーであれ

ふとした時に自責の念にかられるコトがある

 

良く思うのは家族に対して

優しくできなくてヒトとして申し訳ないなって....

(この、ヒトとしてってのがポイントだったりする....個人的にはムリだから)

 

うちの家族はブッ飛んでて

親は毒親だし

ヴァイオレンス的なヒトもいるし

ヒト並みの家族付き合いなんてムリなのよ

 

だけど家族ってのは

仲良くして助け合うモンっていう固定観念があるから

そーゆーコト何一つやってやれないジブンが後ろめたいってゆーか

 

たぶん世間とか相手とかに

良く思われたいってゆージブンのエゴなんだと思う

 

でも、いつもどーゆーワケかジブンが悪者な気がして

相手に対して悪いなって感じちゃう

 

我が敬愛する眼鏡センセーはストレスへの対処法は3つあると言う

一つ 相手を変える

二つ 自分が変わる

三つ 距離を置く

 

眼鏡センセーはこの件に関して三つ目に決め込んでいる

理由はカンタン....

一つ 毒親は変わらない

二つ 自分が変わってまで馴染む必要ある?

三つ 当たり障りないっしょ!

 

それに

「充分やってると思いますよ、だからヒトとして申し訳ないなんて考える必要ない」

そう言ってくれる

 

そして

「申し訳ないなんて考えても仕方ない。そんなのは分かってますよね?」

と笑顔で聞いてくる

 

そう、ジブンは分かっているンだ!

考えても仕方ないコトもジブンに然して責任がないコトも....

 

だけどジブン自身を肯定しきれない

いっつもそうなんだ....ジブンを許せない

 

そこで思うのが

この肯定しきれないって部分は優しさなんだろうか?ってコト

 

謙遜さや自尊心の低さは優しさだろうか?

 

違うよな〜、絶対

 

謙虚さはそのヒト個人の有様みたいなものでヒトに左右されるモノじゃない

自尊心の低さは誰かに分け与えるような何かを持ち合わせていない

 

優しさは....素直さ?かな?

相手やジブンの正当な受容とそれに対する行動?

 

ジブンのナイ頭では上手く説明できないケド、

きっとジブンはジブンに対して優しくないンだなって思った

 

だからいつもジブンを何かしら責めてる

もう少し、まぁいっかと思えるようにならないと生きにくいままだな