読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

どこに行っても馴染めない、そんな人間です

なんなんスかね、コレ?

 

ハニーは苦しんでる?

だから来たって?

そう、いらっしゃいヽ(・∀・)

お茶でも淹れるか....紅茶でいい?

 

 

馴染むも馴染まないも気付くといつも一人

周りに誰も居なくなってる

磁石の同極が一定の間隔を保つ様に....

 

最初は何人かで連んでも

なんか違うかなって思って

異性や随分年上の人と話してる方が楽で

 

学生の頃は

異性の子と四六時中、一緒にいるワケにいかないし

こんなコドモゴコロを分かってくれる大人も大概はいないし

 

ホントは友達のこと

なんか違うかなって思っても我慢するものなのかなぁ

未だに分かんねー(ー ー;)

 

 

別に嫌われてたワケじゃないけど

一匹狼だった

 

まぁ、友達出来なくて不便したことないけどね(笑)

 

合わない奴といるより独りのがマシなの

友達がいない=馴染めないじゃないと思うからね

 

クラスとか地元とか会社とか

それが世界の全てなんかじゃない

 

大人になってから

幼稚園とか中学とかの同窓生とマジに交流ある奴、いったい何人いる?

 

学校のことで悩んでるとして、

卒業まで何年ある?

その年数はハニーの寿命の何%を占めてる?

微々たるもんじゃねーか

 

だから進んだって脇道にそれたっていい

問題なのは短いんだってこと

 

ジブンがジブンの人生しか生きれないように

ハニーはハニーの人生しか生きれないんだから

どうするのかハニーが決まればいい

 

それに

個性的な方が大人になったら魅力的なんだぜ?

 

こんなのは気の持ちようで何とでもなる瑣末な問題

 

 

さてと、

仕事辞めた話もしとく?

 

ある時、突然襲われる

あの閉塞感

息が出来なくなって

退職をすることで頭がいっぱい

 

鬱の波が到来しちゃったんだね

こーなると大体、ジブンは退職することになる

安定するのに時間を要するからさ(爆)

 

コレも今となっては

鬱の波が到来したって思えるけど

当時はジブンを責めたよね

 

根気がないのかなとか

打たれ弱いのかなとか

性格の問題かなとか

 

何でいつも馴染めないんだろう、上手くやれないんだろうって凄く悩んでた

 

でもさ、

悩みながらでも人間、生きられちゃうからね

息して何か食べて寝落ちしてたら

 

死ななかったのは

その勇気がなかったから

 

ただそれだけ

 

惰性で生きるってやつだよ

 

ぶっちゃけ未だに

楽しいことより辛いことの比重の方が大きいから

生きる価値とか考え出したらダメなパターンなんだけど

 

それでも人間って生きてくんだよね

 

死ねねー話はもういいか!

 

どうやったら少しは馴染めるかだよね?

 

馴染もうとして上手くいかないなら

馴染まれるようにしてみれば?

 

相手の色に染まるんじゃなくて

相手にほんのり染まってもらう

 

あと、アレもコレも共鳴してもらうんじゃなくて限定的に付き合うとか

 

この人は

趣味の相手とか

世間話する相手とか

 

そんなことしてる内に

チョットくらい合わせてでも

お近付きになりたい友人が現れるかもしれないし

 

このくらいだったら

まぁいいやって妥協できる環境に巡り合うかもしれない 

 

ジブンはみんなみたいに

馴染みたかったけど出来なかった

 

羨ましい一方で

ジブンはジブンとして生きるしかないって思ってるよ

 

馴染まない、馴染まれる人とだけツルむって生き方もあるから

 

ハニー自身として生きな?

不本意かもしれないけど

人はソレを上手くやってると形容する(笑)