躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

帰って来た!!毒親 (´・ω・`)

今週のお題「私の沼」

 

興味のないことで日常が満たされていく

 

それはまるで

透き通った湖にヘドロが溜まっていくようで胸糞が悪い

 

アレはダメ

コレもダメ

二言目には危ないからやめなさい

 

興味を持ったことに対して

ことごとく否定されていく

 

その度に目の前の色彩豊かだった風景から

パズルのピースが一つずつ外されて

白と黒とグレーの無味乾燥としたピースにすり替えられる

 

それと同時に脳が思考をしないようになる

頭の回転を鈍くするのだ

 

なぜなら

感じると言うことはジブンを苦しめる

考えると言うことは理不尽さに気付くことになるからだ

 

コレって

レコードの回転数が落ちて音源がくぐもる

あの、気持ち悪い感じ

 

ヘドが出るとはこのことだ

 

母の理想とする人、物、事柄

何ひとつ、そそられなかった

 

ただそれだけなんだ

 

なのにジブンを否定され続け

生きねばならない苦痛

 

底なし沼にはまったんだな

 

沈み切って自害するのか

抜け出して母の理想を背負うのか

 

どっちがジブンらしくいられるのだろう?

 

未熟者には二者択一のみ

 

どうしたか知りたいって?

 

答えは簡単さ

選べないまま歳を取ったんだよ

 

オトナになって少しずつ自立して

少なくとも母の立場は保護者じゃなくなった

 

「時」は全てを解決はしてくれないけれど

窮地を救ってくれることもある

 

やさしく、なめらかに、おぼろげに....

 

今でもね、

毒親にかけられた呪いは解けてないと思う

 

ずいぶんマシにはなったのかしら?

それすら分からない

 

こんなこと考えても泥沼にはまるだけだな