躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

珈琲一杯、5000円也

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

 

ある日の午後、喫茶店がいくつもある通りを歩いてたら店の前に一人のオトナ....

オトナ:「珈琲一杯、5000円!」

ジブン:「いや、ちょっと(額もなぁ)....」

オトナ:「そんなこと言わないで、とりあえずさぁ」

ジブン:「珈琲ねぇ....」

オトナ:「暑いから涼めるよ?」

ジブン:「やっぱいいよ、金額がなぁ」

ジブン:スタスタスタ

オトナ:「なら8000円!」

 

お判りだろうか?

これは高級な珈琲を飲ませるための客引きではない

援交の誘いだ

店に入るとその他モロモロの交渉が始まるのである

 

昔は色々とあからさまなオトナが多かった

「お金あげるからエッチしよう?」

「一発、●●万円ならどう?」

「いくらならいいの?」

 

コレ、出会い頭の路上で言い放ってくるからね(笑)

しょーもねぇε-(´∀`; )

 

ジブンが年老いたから

この手の誘われ方をしないだけなのか

歌舞伎町の取り締まりが厳しくなったから大人しくなったのか分からない

 

中学の頃なんか

オトナ:「すいませーん、ちょっといいですか?」

ジブン:「はぁ....?」

オトナ:「手伝ってくれたら5000円あげる」

ジブン:「は?」

オトナ:「キミ、綺麗だからお尻叩いて!」

 

こうして見ると

軽めの内容ならスタート価格5000円が多いな

 

まぁこの時のジブンは

5000円じゃ安っ!って思ったけど(笑)

 

だってまだ純な中学生なんだよ

プレミアつけて貰わないと

 

話になんねー( ´Д`)y━・~~

 

本当に怖いのは碌でもないオトナ?

それとも子供の頃のジブン?