躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

帰りたくなくて....

映画を月に何度も観るようになったのは

とある夏のことだった

 

まだコマ劇と松竹の頃

 

ネットの事前予約なんて無い時代

 

指定席以外は自由席で

話題作だと何時間も前から並んだ頃

 

立ち見もあった頃

 

指定席には目印のヘッドカバーがしてあって

ドリンクとポップコーンが付いてくる頃

 

レディースデーはあったけど

まだジブンが1800円払ってた頃

 

寝坊して準備に3時間かかるアノ子を待つ場所に使ってた頃

 

 

オヤジも若い頃は映画館に入り浸ってたらしい

観るため?

待つため?

時計の針を進めるため?

 

オヤジ譲りなことが多過ぎる

今思えば、良き理解者になったんだろうな

でも、しゃーない軽蔑してたから

 

どんなに親しい人が待っていても

帰り道が孤独なのも

アンタ譲りなのか?

 

作品に心揺さぶられても

内容はスグ忘れる

 

色々なことが覚えてられないんだ

 

だからこの作品ってタイトルをあげられない

 

ただ言えるのは

どの作品もジブンを満たしてくれたと思う

 

夏も秋も冬も春も

いつ観ても

映画はどんな時代へも何処へでも連れてってくれる

 

これからも手軽なトリップを楽しみます

ハニー達もボン・ヴォヤージュ♡