躁鬱病 ( 双極性障害 一型 ) だからアナタのソレ、承ります!

毒親と裏口入学の経歴を持つノンフィクションブロガー R-健常者の戯れ言集★アナタのお悩み、双極性障害 1型なのに15年間無治療で生きてきたジブンがフワリと解決....した気にさせます★

忘れてなんかいないぜ?しかしまぁ随分、ホッといちゃったね

今週のお題「読書の秋」

 

 

秋の夜長には

読書をするよりも

読書をした気になる方がいい

 

本の中の世界と

頭の中の空想と

現実の世界を

行ったり来たりして

 

夜の帳がスルリと下りて

静寂がこだまする

 

月を愛でながら

手を伸ばす

 

到底、届きはしない手をずらすと

街灯が目にダイブする

 

その残像を追い払うように

瞼を擦りながら

野良猫がいないのか確認する

 

そんなひと時に幸せを感じる

 

暑くも寒くもなく

大した上着を着込まなくても済むところが

特にいい

 

 

まぁ、そんなワケで

こーゆー時は短編集とかいいんじゃないかな

脳内メモリを使わないで済むようなヤツ

 

それか、よしもとばななとか山田詠美とかもいいね

ボクはもうずっと有栖川有栖が好きだから

先生の作品を読むけど

 

秋っていいよね

昼も夜もサラッとしててさ

空気がホッといてくれる

 

読書なんてする時にゃ

何もかもから解き放たれて

独りがいいに決まってる